株式会社プランシード

COLUMNコラム

社長のつぶやき

ものづくり補助金 

今年も国の施策として「2020年ものづくり補助金」の公募がはじまります。
中小企業は原則1/2補助予定である。(※1詳細は以下リンクを参照ください。)
非常に中小企業に手厚くなっている補助金です。

国としても、労働人口の減少に危機感を頂いており生産性を維持することに対して自動化を積極的に
後押ししていく姿勢であることは間違いありません。

今日本がおかれている現状であり、私共も非常に危機感をもってお伝えしております。
弊社の進めるハーフオートメーション®では、人づくりと自動化を同時に
改善し生産性を高めていくことをコンセプトとしており、ものづくり補助金はまさに
中小企業の自動化を推し進める味方になると考えています。

「では、さっそくものづくり補助金を使って自動化を進めていくか!」と意気込む経営者様もありますが、
さてここからが大変です。補助金をいただくということは容易なことではありません。

やはり皆様の税金で賄っていることございますので、非常に綿密で具体的な提案書が必要です。

どの程度生産性が上がるのか?どこを自動化したらよいのか?それは革新性があるか?
さまざまな観点から採点がされます。

この提案書を作成遂行する人手が必要です。
自社に、技術の方や自動化に詳しい知見を持たれている会社様は良いとは思いますが
実際に本業をやりながら「ものづくり補助金」の準備を同時にできるでしょうか。

弊社では過去「ものづくり補助金」を2件採択していただいた実績がございます。
大変時間をかけ苦心しながら申請書を作成した記憶があります。
せっかくの補助金です。

本当の意味での生産性を高めないと意味がありません。
入り口としてものづくり補助金が使えるのかどうか、
どこを自動化するのかを見極めることも非常に大切になってきます。
私共で何か中小企業の皆様にお力になれることはないかと考え、
ものづくり補助金の申請を一緒にお手伝いするプランもご用意いたしました。
ぜひ、ものづくり補助金をご活用いただき中小企業に元気になっていただきたいと考えております。

ものづくり補助金で自動化をお考えの方はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

PLANSEEDものづくり補助金PLAN

※1資料
ものづくり・商業・サービス補助金