株式会社プランシード

COLUMNコラム

  • TOP
  • コラム
  • アフターコロナの為に!【今こそ、前向きな思考をもつべき】
社長のつぶやき

アフターコロナの為に!【今こそ、前向きな思考をもつべき】

アフターコロナの為に「今こそできること・今こそ決断するとき!」

昨今のコロナの影響で社会情勢が不安定な状態が続いており、
皆様におかれましても外出もままならない状況でいかがお過ごしでしょうか。

プランシードでもお客様へのご訪問においては訪問規制が
入りなかなか伺うことができない状況が続いております。
もちろん、国家としての緊急事態ですので致し方ありません。

ものづくり現場において、生産品も少なくなり工場を止めるお客様や生産人数の調整に入るお客様もお見えになります。
今は大変な時期で耐える時期・・・・。そう仰る経営者様も少なくありません。
しかし、辛抱するという行為・思考は、果たして明るい未来につながるでしょうか。

新型コロナウイルスで仕事が少なくなって影響がある。確かにこれは事実であります。
事実は変えられません。仕事が少ないから暗くなるというマイナスに考えることも出来ますが
解釈をプラスに変えれば、今だからこそ普段できなかったことができるチャンスと捉えることもできます。

この時期だからこそコロナが収束してからのことを考えておられる素晴らしいお客様も実際いらっしゃいます。

生産現場が止まっている今だからこそ、「全体ラインを見直すチャンス!」
生産現場が止まっている今だからこそ、「ものづくり補助金を使用して自動化しよう!」

さらに、将来を見据えておられる経営者様は
同じようなウイルスが蔓延する事を想定して
「生産現場の自動化をさらに自動化し遠隔地から操作できるようにしよう!!」等々

事実このような経営者様とお話しさせていただくと、収束後の計画をしっかりと立てられております。
新型コロナウイルス終息後の経営計画をしっかり立てる等、前向きな取り組みは、
金融機関の評価基準にも影響が出ているようでコロナ対策融資がされた話も多く伺います。
今を耐える為の融資の話と終息後の明るい未来に向けた融資の話では、確かに
金融機関に与える影響は違うと思います。

今が苦しい、将来が不安確かにそうかもしれません。
思い返してください、コロナの前はどうだったでしょうか。
忙しくて何も改善改革が進んでいなかったと思います。
新型コロナウイルス終息後も忙しく翻弄される毎日に、戻ることではなく
今の間に改善に取り組み、一歩でも前に進むことが大切です。

おそらくコロナウイルスが終息して忙しくなれば、以前と変わらずまた同じ状況が続きます。
何も現場改善が進んでいない、ただただ忙しい毎日です。

未来を変えるには、今起きている事実を肯定的な解釈に変える。
そして、自動化など生産現場の改善に踏み切るチャンスなのです。
今動いたか、動かないか
終息した後の差は、皆様ご理解いただけるかと思います。

今、決断できるかによって大きく【企業価値の差】が生まれます。
人に左右されない生産現場。それは、企業の価値だと思います。

このピンチを御社のチャンスに変え、共に新型コロナウイルスの危機を
乗り越えていきたい!と考えております。

PLANSEED株式会社
細野 晃