株式会社プランシード

COLUMNコラム

社長コラム

人手不足がチャンスに?!

ふと自宅でニュースを見ていたところ「人材不足について」のテーマについて、特集が組まれていた。
2030年統計で644万人の人手不足になるそう。
政府は女性の活躍、シニア層の活躍、外国人の雇用枠の増加 さまざまな施策を講じて
いるがそれでも約半分でしかないようである。
あと半数の322万人は、人手が足りない状態がつづく。

弊社のお客様でも、少しずつではあるが影響が出始めている声が聞こえてくる。
新規で人材を募集しても、募集がない。
やっと面接希望者がきても、採用基準にいったていない。
リーダー格の人材が退職したら、芋づる式に社員が辞めてしまった。
立地場所が悪く応募がこない。

こんな事例も。
採用基準を下げて人材を確保したらなんと問題社員化。
他社員に悪影響を与えて数人が退職する辞退に。

「うちはそんなことないし、今は人がいるし・・・。」
他人事と思う方もいるかと、思いますが現実に起きています。
5年10年なんてあっとゆう間である。

経営者の仕事は、5年先10年先を見据えた経営が必要です。
現状の設備・環境・体制で本当に生産を維持していけるか。
入社してきてくれる人がいなくなってしまうかもしれない。
現状の人員が減っても生産を維持していけるのか。

極端な話しではないと思っています。
実際に生産現場で起きてきています。

自動化の必要性は、世間で唱えられていますが「うちは5年先で大丈夫。人手不足になってから考えよう。」
これでは遅いのです。5年先は、今の何倍も何十倍も人手不足です。
他社との人材確保競争は激しさを増しています。
もっと良い条件の会社に行きます。もっと設備が整った会社に行きます。もっと知的作業ができる会社を選びます。

先ほども書きましたが5年10年はあっという間です。
今から備え準備するべきです。

よく自動化はいつから実施するのがよいでしょうか。という質問があります。
答えは、
人手不足が叫ばれ始めている「今」です。

今から自動化を少しずつ初め、職場環境を改善していく。
5年先 魅力ある会社に変わる。
そうすれば、人手不足の中でも選ばれる会社になれる。

自動化して、少ない優秀な人材で会社を運営していく。
自動化を通して魅力ある会社つくりを今すぐはじめましょう。

322万人の人手不足を補うのは、自動化で補うしかない。